ホワイトニングの解説

ホーム>ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニングについて

歯を白くするには、大きく分けて2つの方法があります。
[check]自分の歯を、より白くする方法
[check]セラミックを使用して、白くする方法

一般的にホワイトニングと呼ばれるのは前者の「自分の歯をより白くする方法」にあたります。
歯の黄ばみ、着色、よごれなど、着色の原因や歯質等によって、適したホワイトニング法で、本来の白く美しい歯を取り戻します。

一方、セラミックを使用する方法とは、歯の表面に、薄くセラミックを貼り付けたり、かぶせたりすることで、歯の色を白くする方法です。
セラミックの色は自由に選べるため、お好みの白さを手に入れることができます。また、変色しない材料のため、ずっと白い歯を保つことができます。
過去の治療物(レジン)の黄ばみは、審美歯科 ホワイトニング 銀座では白くできないので、そのような部位には、セラミックを用いることをおすすめ致します。

ホワイトニングの例

ホワイトニングの例1

ホワイトニングの例2

ホワイトニングの種類

審美歯科ホワイトニング銀座での方法には、

あなたにぴったりのホワイトニング法は?

効果的なホワイトニングのために、歯の着色の原因によって、適した方法を選びましょう。

◎外因性の着色 / ホワイトニングの効果が出やすい着色
日常の磨き残し、喫煙や、コーヒー・お茶・赤ワインなどの摂取による着色。エナメル質の表面に着色因子が付着した状態によるものです。

△内因性の着色 / ホワイトニングがあまり効果的でない症例
エナメル質・象牙質自体の変化によるもの。エナメル質形成不全、テトラサイクリン変色歯、フッ素沈着症等。

◎加齢による着色 / ホワイトニングの効果が出やすい着色
年を取るにつれ、徐々に象牙質の色調が増し、黄褐色が強くなることによるもの。

△外傷、歯科治療による変色 / ホワイトニングがあまり効果的でない症例
外傷を受けて歯の神経が死んだり、歯の治療で神経を抜髄した場合に、血液やリンパ液の補給路を失った歯が、徐々に変色します。
また、 歯科治療で金属の修復物(主にアマルガム)を用いた場合、成分が溶け出して歯髄・歯面から組織に着色因子が取り込まれて変色することがあります。
ホワイトニングが適しているのは、外因性の着色と、加齢による着色です。
内因性の着色、外傷・歯科治療による変色には、あまり効果が期待できません。
(その場合には、セラミックを用いて白くすることも、選択肢の一つです。)

ホワイトニングを行うにあたって

ホワイトニングは、ほとんどの方に可能な治療法です。
ただし、ご自身の歯の状態や歯質により、思ったほどの効果が得られにくい場合もあります。
ホワイトニングを行う前に、歯科医師による診査や診断により、ホワイトニングが適した症状かどうかを確認しますので、審美歯科 ホワイトニング 銀座までお気軽にご相談下さい。
また、ブリーチング、ホームホワイトニングを行う場合には、歯の表面に付着した汚れを落としてから行うほうが、ブリーチング剤が浸透しやすいため、確実に効果が高くなります。
そのため、まず初めに、クリーニングを行ってからブリーチングを行うことを、お勧めしています。

ホーム>ホワイトニング

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional