ホームホワイトニングの解説

ホーム>ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

自宅でじっくりと歯を白くできる「ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

一人ひとりのお口に合わせたマウスピースを歯科医院で作成し、後はご自宅で、マウスピースホワイトニング剤を注入し、歯に装着して歯を白く漂白する方法です。

ホームホワイトニング2


マウスピースを作れば自宅でホワイトニングができます

ホームホワイトニング3

一人ひとりのお口に合った、ホワイトニング用のマウスピースを、歯科医院で作成します。

出来上がったマウスピースホワイトニング剤を注入し、歯に装着します。マウスピースを作った後は、自宅でホワイトニングを行うことが可能です。

1日2時間程度の使用を毎日続けると、2週間くらいで効果を実感できます。早い方だと、数回の使用から効果が現れますが、オフィスホワイトニング(歯科医院での歯の漂白)と比べると、薬剤の濃度の関係上、漂白効果が現れるのに時間がかかります。ただ、じっくりと歯を漂白していくため、ホームホワイトニングのほうが、より効果が持続する傾向があります。

ホームホワイトニングの適応と限界について

ホームホワイトニング4

ホームホワイトニングをはじめるにあたって、まずはじめに、歯科医院へ自分専用のマウスピースを作りに行きます。 お口の形の型をとって、歯型ににぴったりのマウスピースを作成します。

歯の漂白を行う前には、表面の汚れを落としたほうが、浸透が良く、効果的です。そのため、マウスピース制作時に、歯のクリーニングを行うことを、おすすめしております。

ホームホワイトニングでは、1日数時間の使用で、およそ2週間で歯が白くなってゆきます。自宅でのホワイトニングは、安全性の確保のため、歯科医院で行うオフィスホワイトニングよりも、マイルドな薬剤が使用されます。その分、白くなるまでの期間が長くなりますが、時間をかけてじっくりと漂白を行うため、後戻りしにくい傾向があるようです。

歯科医院でマウスピースを作成した後は、ご自宅でホワイトニングを行います。 マウスピースにジェルを注入し、歯に装着します。 ジェルを入れすぎて歯肉に付着すると、歯肉の変色、知覚過敏の原因などになるため、入れすぎには注意が必要です。

医師の指示による、正しい取扱い、使用方法を守って頂くことが、ホームホワイトニングを成功させるポイントになります。

ホームホワイトニングはほとんどの人に行えるホワイトニング法ですが、知覚過敏のある方、虫歯や欠けた歯がある方、妊娠・授乳中の方などは、避けたほうがよいでしょう。

また、金属やレジンの詰め物、かぶせものには、効果がありません。過去の治療物が気になる場合には、変色しない白い歯科材料・セラミックで代替することが可能です。

抗生物質の過剰摂取による着色歯(テトラサイクリン)や、象牙質・エナメル質の形成不全による着色歯などで、もとの歯自体がしま模様になっている場合には、全体的に白く、模様を薄くすることはできますが、均一に白くすることはできません。そのような場合には、セラミックを用いることで歯を白くすることが可能です。

オフィスホワイトニングとの比較

画像

ホームホワイトニングと、審美歯科 ホワイトニング 銀座で行うオフィスホワイトニングは、共に着色汚れを分解し、歯を漂白して白くする方法です。

歯科で行う漂白の場合、自宅で行うホワイトニングよりも、より濃度の高い薬剤を使用します。光による化学反応で効果を促進するため、早く白くすることができます。

ホームホワイトニングは、マウスピースを作るための最小限の来院で済みます。家庭で使用するため、オフィスホワイトニングよりマイルドな薬剤を使用します。そのため、 2週間程度、時間が必要になります。

ホームホワイトニングを行う場合、歯肉に薬剤が付着すると、知覚過敏の原因になる可能性があります。歯肉に薬剤を付着しないように注意して、ホワイトニングを行ってください。

まず、歯科医院でホワイトニングを行い、その後に、より白くしたい、効果を持続させたいと、ホームホワイトニングを行う方も。ご希望に応じて、適したホワイトニング、歯の美白法をご提案いたします。

ホワイトニング審美歯科に関するご相談は、ご遠慮なく医院へご相談下さい。
→ TEL:03-5537-0335

ホーム>ホームホワイトニング

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional